Atelier - Amantes Amentes

Atelier

Amantes Amentesが出来るまで

 

 

  石は私たちより遥か以前から、この地球で悠久の時を生きてきました。
Amantes Amtentesのジュエリーは、そんな石との出会いから始まります。
石の持つ色、輝きは千差万別。
デザイナー自ら五感のすべてを使って、石と対話をしながら
ジュエリーとなるものを見つけます。
それは、まるで運命との出会い。
どんな石と出会うかが、どんなジュエリーをデザインするかを決定付けるのです。

選んだ石そのものの色、形を活かし、魅力を最大限に引き出せるジュエリーをイメージし、それをデザイン画に起こします。
そのデザイン画をアトリエに持って行き、職人とのコラボレーションが始まります。
トルコの職人のアトリエは、洞窟の中にあったり、
監視カメラだらけのアパートの一室だったり…
外からは全くわからない秘密基地のようなものが殆どです。
石の研磨や加工をする頑固な熟練職人のアトリエ、
強面の力自慢が多く集まる地金を作るアトリエ、
繊細な石のセッティングを丁寧にしてくれるおじいさんのいるアトリエなど。
どこのアトリエでも共通しているのは、全ての工程を手作業で行うこと。
そして、何世紀も変わらない昔ながらの道具を使っていること。
使い込まれた道具には、独特の美しさがあります。
このような様々なアトリエと数々の職人の手を介して、
一つの石がジュエリーとして形になるのです。
機械で石の色も形も作り出し、機械で作った枠に自動でセッティングしていけば、100%完璧で同じクオリティのものを大量に生産できます。
でも、Amantes Amentesのジュエリーは、1点として同じものはありません。
作れる数も限られています。そして、形も様々で、存在感と温かみがあります。
それは、最初から最後まで人々のを介して作っているから。
機械では表現できない「誰かの大切な時を、温かみある煌めきに
溢れさせてくれますように」という思いを込めて... 。
そんなAmantes Amentesのジュエリーには、石を育んだ自然と時間への愛、
また東洋と西洋の文化が混ざり合うトルコの文化や芸術への愛、
そしてそれらを取り巻く全ての人々への愛に溢れています。